Author Archive

オイル交換をしないままだと

自動車のオイルは定期的に交換しなければなりません。というのも自動車のオイルは使い続けることによってどんどん劣化していってしまい、本来の性能を発揮する事が出来なくなるからです。にも拘らずオイル交換をほとんどしないという方は非常に多く、本来なら1年に1度は交換しておくべきにも拘らず何年もエンジンオイルを交換しないままにしているという方もいるそうです。もしオイル交換をしないままずっと同じオイルを使い続けた場合自動車にはどのような影響が表れるのでしょうか。

 

エンジンオイルはエンジンの機能を正常化させるために存在します。可動するパーツを滑らかに動かせるようにしたり連続して稼働し続けるエンジンの温度を下げたりと様々な活躍をするのですが、何度もエンジン内を循環させることによってエンジンから出てきた金属などを取り込んでいくうちにどんどんオイルの滑らかさや温度の低下速度などが下がり、さらに細かい金属粉でエンジンの各パーツが傷つくことでどんどんエンジンの性能が低下していき最終的にはオーバーヒートなどのエンジントラブルを引き起こすことになるので、そうならないうちに綺麗なオイルに交換する必要があるのです。今まで同じオイルを使い続けてきたという方は大至急オイル交換を行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注意点

point300自動車のオイルは定期的に交換する必要があります。車検時にサービスしてもらっているという方も多いかと思いますが、車検以外のタイミングでオイル交換を行っていないという方は同じオイルを使い続けるスパンが長すぎると思われるので、出来ることなら年に1度のペースでオイル交換を行うようにしてください。この時自分一人でオイル交換を行おうと考えている方はいくつかの注意点があるのでそれだけは気をつけて作業するようにしましょう。

 
オイル交換を始めて行う方がやってしまいがちなのが古いオイルの受け損ないです。度連ボルトを取り外した時に出てくる古いオイルはかなり勢い良く出てくるので初めてオイル交換をするという方は廃油ボックスなどに入れ損ねてしまう事が多いので予めオイルが汚れても被害が広がらないように汚れても大丈夫な環境づくりを怠らないようにしましょう。

 
その他にもワッシャーの付け忘れやねじ溝の破損、パーツの締め付けすぎなどエンジントラブルを引き起こすような失敗も報告されているので、オイル交換を行う際は慎重に作業を行うようにしてください。最近はより手軽にオイル交換を行うための機材も販売されているので一度チェックしてみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オイル交換に必要なアイテム

オイル交換はガソリンスタンドやカーショップなどで行われていますし、車検の際にサービスとして行ってくれる企業も少なくありません。しかしちょっとしたメンテナンス法を学んでおくともしもの時のトラブルなどにも対処しやすくなってくるのでこれから自動車に乗り続けるつもりだという方は一度自分でメンテナンスを試してみましょう。そういう意味ではオイル交換は行いやすい分練習には最適なのでオイル交換に必要な道具を揃えてチャレンジしてみても良いかもしれません。

 
オイル交換はオイルだけで行うことは出来ません。最低限レンチやオイルジョッキ、廃油処理箱などの道具が必要になるのでカーショップなどで用意しておきましょう。オイル交換用のグッズは非常に多く出回っており、手を汚さないように作業するためのグッズや従来の下抜き方式より手軽に行える上抜き方式でオイルを抜くためのグッズなども販売されており、初めてオイル交換を行うという方も安心して作業を行なう事が出来るはずです。オイル交換に必要なグッズについてもっと良く知りたいという方はインターネット上で詳しく説明してくれるサイトをチェックしてみたりカーショップなどに実際に足を運んでみて店員に聞いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オイルの劣化の原因

自動車に何年か乗っていると必ずオイル交換を行うことになるかと思います。オイル交換はエンジンをよりスムーズに動かす事が出来るようにするためには必要不可欠なのですが、中にはオイル交換をさぼって数年間そのままにしているという人もいるのではないでしょうか。長い間使い続けたオイルは年々劣化していき様々な悪影響を及ぼすことでも知られているので、出来る限りオイルは綺麗にしておきたいところですが、オイルの劣化の原因とは一体何のでしょうか。

 

オイルの劣化が引き起こされる原因は色々ありますが、特に多いのが運転中に入り込んだ様々な汚れです。自動車を運転していると色々なところを運転することになりますが、その間空気に含まれている微量な埃やエンジンを動かす時に掛かる激しい衝撃、エンジンの各パーツに掛かる高温、エンジンを稼働させた時に生まれた金属片などによってどんどん劣化していってしまうので、本格的にエンジントラブルなどを引き起こさないうちにメンテナンスを始めましょう。

 

何年も交換しないままで使い続けたオイルは様々な汚れのせいで真っ黒になっています。こうなってしまうとろくにオイルとしての機能を果たしてくれないのでこうなる前に早めにオイル交換を行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オイル交換を行う意味

普段自動車に乗らない人は自動車に利用されているオイルの重要性についてあまり深く考えたことは無いという方も多いと思いますが、自動車のオイルはエンジンを問題なく動かす事が出来るようになるため必要不可欠な存在で、最低でも年に一度は必ず交換するようにといわれています。果たしてオイル交換とは一体どういった意味を持つのでしょう。

 
オイル交換は自動車のエンジンの動作に大きく係わってきます。古いオイルは塵や埃などを大量に含んでおり、エンジン内部の駆動系に付くことで様々な悪影響を引き起こします。さらにエンジンが高温になることで生まれる粘性も何度も使い続けることによって衰えていき、オイルの効果を発揮させる事が出来ないままになってしまう事が多いので定期的にオイル交換を行ってよりスムーズにエンジンを動かす事が出来るようにしていきます。

 
エンジンオイルは皆さんが想像しているよりも早く劣化していきます。一般的なオイル交換のタイミングは年に一度といわれていますが、エンジンに負荷を掛けるような運転をしているような方の場合はより早く劣化していると考えられるので心当たりがある方は定期的にエンジンオイルを確認して劣化していると感じた際すぐに修理する事が出来るよう準備しておくのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイミング

皆さんはオイル交換をどの位の頻度で行っていますか?安いオイルを使っているから平均よりも早いタイミングで交換しているという人もいれば自動車に乗り始めてから数年経つが未だに交換していないという人もいらっしゃるかと思います。もしここしばらくオイル交換をしていないという方や乗り始めてからずっとオイル交換をしていないという方は今すぐオイル交換を行ってください。古いオイルのままだと様々なトラブルに発展するので、これからもずっと安心して自動車に乗り続けるためにもメンテナンスは定期的に行いましょう。

 
一般的にはオイル交換のタイミングは走行距離と自動車の使用期間によって決定します。オイルを交換してから長い距離を走っているのであればその分オイルの劣化は進行しているでしょうし、走行距離はそれほど多くないけど長く乗り続けているという場合も埃などの汚れを吸収して劣化が進行していると思われます。それに加えてエンジンに負荷を掛けるような運転を行なっているという方やオイルを劣化させやすい古いエンジンを利用している方はさらにオイルの劣化が進行しているので目安としては最低1年、エンジンに負荷をかけている方はそれよりも短いスパンでオイル交換しましょう。

 

 

 

 

 

 

オイル交換のやり方

毎日使われている自動車のオイルは少しずつ劣化していってしまいます。そのまま放置しているとエンジントラブルなどを引き起こす可能性もあるので年に一度はオイル交換を行うようにしましょう。オイル交換はガソリンスタンドやカーショップなどでも行われていますが、やり方さえ覚えれば自分一人でも行なう事が出来るはずです。長年乗り続ける大事な自動車なのだからメンテナンスも可能な限り自分で行ないたいという方は是非オイル交換にチャレンジしてみてください。

 

オイル交換を行うには専用の道具がいくつか必要になります。レンチやオイルジョッキ、廃油処理箱にブレーキクリーナーなど揃えておきたい道具はいくつもあるので、カーショップなどで一通りの道具を用意しておきましょう。交換法については各自動車によって細かいところが異なってくるので手持ちの取扱説明書を参考にしつつ交換してください。

 

最近はメンテナンス法などを一切学ばないまま自動車に乗って何かあった時は全て修理業者などに任せっぱなしという方も増えてきているようですが、それでは何かあった時に正し処置を施せなくなってしまいます。万が一の時に正しい行動を起こせるようになるためにもメンテナンス法は一通り学んでおいたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

どのオイルを選ぶのか

自動車のオイル交換を行うときどのオイルを使えば良いのか皆さんはご存知でしょうか。自動車のオイルには様々な種類があり、単純に値段が高ければ良いオイルというわけではありません。オイルにはそれぞれ個性があり、使用する自動車の個性と合致するようなオイルを選ばないとオイルを交換しても燃費がアップしてしまうかもしれないので、オイル選びはなるべく慎重に行なうようにしましょう。

 

オイル選びの際重要なのがオイル缶に書かれている数字です。これらの数字はオイルの粘性や高温時の粘度特性を意味しており、これらの数字を見た上でオイルを購入しないと使用する自動車に合ったオイルを選ぶ事が出来ません。相性の良いオイルは各自動車ごとで異なりますが、基本的には新車で購入した時に使用されているオイルを使えば間違いはありません。どんなオイルを使っていたか分からないという方はガソリンスタンドやカーショップなどでどのオイルを使えば良いのか調べてもらったほうが良いでしょう。

 

自動車好きの中にはそういったベターな選択肢を選ばずに自分の好みに合わせたオイルを探してみているという方もいるそうで、オイル交換一つとっても中々奥の深い世界のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料金

自動車のオイル交換は長く自動車に乗り続けるにあたり絶対に必要になってきます。劣化し続けたオイルを使用し続けているとエンジントラブルを引き起こしたり燃費にも影響を引き起こすので定期的なオイル交換を欠かさないようにしましょう。オイル交換はガソリンスタンドやカーショップなどで行われているので、長く間同じ自動車に乗り続けているという方は定期的にオイル交換を行うようにしてください。

 
オイル交換の料金は各社によってまちまちですが、それほど高額な予算を用意しなくても大丈夫です。大体2000円ほどで行なう事が出来るそうなので割りと手軽に行なう事が出来ますし、車検時にオイル交換をサービスしている企業も多くあるので、大体のオイル交換の目安が年に1回ほどといわれているので、車検のタイミングも考慮するとオイル交換だけにお金を支払うことは2年に一度だけで済ませることも出来るでしょう。

 
もし自分でオイル交換を行ないたいという場合は初めのうちはオイル交換のためのグッズを一通りそろえなければならない分初期費用が掛かりますが、長く自動車に乗り続ける予定という方は一通り自動車のお手入れ方を覚えておいたほうが何かと便利なので、一度は自分でオイル交換をしてみるのも悪くは無いと思います。