オイルの劣化の原因

自動車に何年か乗っていると必ずオイル交換を行うことになるかと思います。オイル交換はエンジンをよりスムーズに動かす事が出来るようにするためには必要不可欠なのですが、中にはオイル交換をさぼって数年間そのままにしているという人もいるのではないでしょうか。長い間使い続けたオイルは年々劣化していき様々な悪影響を及ぼすことでも知られているので、出来る限りオイルは綺麗にしておきたいところですが、オイルの劣化の原因とは一体何のでしょうか。

 

オイルの劣化が引き起こされる原因は色々ありますが、特に多いのが運転中に入り込んだ様々な汚れです。自動車を運転していると色々なところを運転することになりますが、その間空気に含まれている微量な埃やエンジンを動かす時に掛かる激しい衝撃、エンジンの各パーツに掛かる高温、エンジンを稼働させた時に生まれた金属片などによってどんどん劣化していってしまうので、本格的にエンジントラブルなどを引き起こさないうちにメンテナンスを始めましょう。

 

何年も交換しないままで使い続けたオイルは様々な汚れのせいで真っ黒になっています。こうなってしまうとろくにオイルとしての機能を果たしてくれないのでこうなる前に早めにオイル交換を行ってください。