オイル交換をしないままだと

自動車のオイルは定期的に交換しなければなりません。というのも自動車のオイルは使い続けることによってどんどん劣化していってしまい、本来の性能を発揮する事が出来なくなるからです。にも拘らずオイル交換をほとんどしないという方は非常に多く、本来なら1年に1度は交換しておくべきにも拘らず何年もエンジンオイルを交換しないままにしているという方もいるそうです。もしオイル交換をしないままずっと同じオイルを使い続けた場合自動車にはどのような影響が表れるのでしょうか。

 

エンジンオイルはエンジンの機能を正常化させるために存在します。可動するパーツを滑らかに動かせるようにしたり連続して稼働し続けるエンジンの温度を下げたりと様々な活躍をするのですが、何度もエンジン内を循環させることによってエンジンから出てきた金属などを取り込んでいくうちにどんどんオイルの滑らかさや温度の低下速度などが下がり、さらに細かい金属粉でエンジンの各パーツが傷つくことでどんどんエンジンの性能が低下していき最終的にはオーバーヒートなどのエンジントラブルを引き起こすことになるので、そうならないうちに綺麗なオイルに交換する必要があるのです。今まで同じオイルを使い続けてきたという方は大至急オイル交換を行ってください。